スキップしてコンテンツに移動する

JOURNAL

JAPAN INTERNATIONAL BOATSHOW 2022

3.31Thu.-4.3sun.(at パシフィコ横浜) 

2020年依頼、2年ぶりにパシフィコ横浜でボートショーが開催。mutaの夏の始まりを象徴とする本イベントは、22S/Sのmutaの始動の場として多くのご来場者様にご覧いただきました。

本年は「ntpマリーナ」「CENTURION BOATS JAPAN」「BRAVO」の3社とともに入り口付近で新しいマリンアクティビティの世界を提案し、高く築き上げたトラスが特徴的なブースになりました。  

 muta JIBS2

 

muta MARINE BOOTH

 

総柄で配置されたロゴがPOPさを引き立て、見る人にインパクトを残すブース

 

ntp JIBS 

ntp MARINA BOOTH

トラスで国内最大規模のホイストを表現。実際のロケーションをトレースした背面デザインが、設備が充実したマリーナと広がりのあるロケーションを表現

CENTURION JIBS2 

CENTURION BOATS BOOTH

北米生まれのCENTURION BOATSの世界観と本国のボートショーで感じられるような大掛かりでどこか荒さの感じられるブースを表現。実際に船内に乗り込みやすいブースづくりに

 BRAVO BOOTH

BRAVO BOOTH

最新のSUPを使ったマリンアクティビティが遊び心を誘い、実際に触れることによる安心感を感じ取れるブース

 

↓JIBS2022 ドキュメンタリー